12時までのご注文で
最短当日発送

に出荷予定

営業日12時までのご注文で即日発送
(※一部商品を除く)

シーンから探す

〒542-0073
大阪市中央区日本橋2丁目5番6号
OPEN 7:30~18:00
店舗情報はこちら >>

営業カレンダー

休業日

会員メニュー

まだ会員登録が
お済でないお客様へ

新規会員登録で
次回から使えるポイント

甘酒 米麹 こうじの恵

ミシュランガイド掲載店多数使用!!

大源味噌は多くのプロの料理人から指示されています

どんな料理にも合い、
料理の味を美味しく引き上げてくれます。
『割烹まつもと』店主:松本 源三 様〈ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 掲載店〉

▼ご利用店舗の声を読む▼

  • 大源味噌のお味噌を使おうと思ったきっかけは?
    料理仲間から、大源味噌のお味噌を紹介されました。実際食べてみて、そのまろやかな味わいに「これは使える」と直感、私の店でも使い始めました。
  • どのお味噌をどんなお料理に使われていますか?
    白味噌と赤味噌を独自に調合して使っています。田楽、ふろふき、鍋など。卵黄と合わせた玉味噌も色々な料理に使っています。
  • 大源のお味噌の良いところを教えてください。
    「ささない」ところです。とてもまろやかでどんな料理にも合い、料理の味を美味しく引き上げてくれるので、非常に使いやすい味噌です。
味噌の味はダイレクトに料理に反映されますので、我々の料理には上質の味噌が欠かせません。
『LE PONT DE CIEL ルポンドシエル=さがん=』 和食調理長:白水 勝司 様
〈ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 掲載店〉
ホームページ:https://pont-de-ciel.co.jp/

▼ご利用店舗の声を読む▼

  • 大源味噌のお味噌を使おうと思ったきっかけは?
    さがんのコンセプトは「ナチュラル・シンプル・オリジナル」です。味噌の味はダイレクトに料理に反映されますので、我々の料理には上質の味噌が欠かせませんので大源味噌さんのお味噌を使わせてもらっています。
  • どのお味噌をどんなお料理に使われていますか?
    主に会席料理の〆である食事の赤出汁に使っています。赤味噌を主に使っておりますが、季節に合わせて白味噌も少し配合しています。
  • 大源のお味噌の良いところを教えてください。
    大源さんのお味噌は角の無い旨味と熟成があります。赤出汁はお味噌が素直に出ますので、お客様には旨味とコクをこれからもお楽しみ頂きたいと思います。
特に、白味噌椀は毎年楽しみになさっている
お客様がいらっしゃいます。
『神戸吉兆 リーガロイヤルホテル店』若女将:奥野 様
〈ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 掲載店〉
ホームページ:https://www.rihga.co.jp/osaka/restaurant/list

▼ご利用店舗の声を読む▼

  • 大源味噌のお味噌を使おうと思ったきっかけは?
    気が付けば、大源味噌さまのお味噌を使い始めていた、という感じです。(調理スタッフ談)
  • どのお味噌をどんなお料理に使われていますか?
    弊店で使っているすべての味噌料理、例えば、年間通じて 赤だし(御飯と共にお出しする)、白味噌(今ならお正月の白味噌雑煮など)、魚の味噌漬の味噌、近江牛肉の朴葉味噌や魚介の朴葉味噌(赤玉味噌)、近江牛肉の柚子釜(赤玉味噌)等
  • 大源のお味噌の良いところを教えてください。
    風味豊かで味がよい。特に、白味噌椀は毎年楽しみになさっているお客様がおられ、人気があります。
風味が良く、やわらかい味が、
様々な料理に合って使いやすいです。
『寿し処 黒杉』店主:黒杉 章宏 様〈ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 掲載店〉

▼ご利用店舗の声を読む▼

  • 大源味噌のお味噌を使おうと思ったきっかけは?
    知り合いの料理人から良いお味噌があると紹介されて、大源味噌さんの味噌を使いはじめました。
  • どのお味噌をどんなお料理に使われていますか?
    「天恵こうじ」と「特上白味噌」を3:1で合わせてお味噌汁に、上白味噌を酢みそや木の芽みそ、らっかせいみそに、赤八丁を油みそに、粒荒味噌をみそ漬けに使っています。
  • 大源のお味噌の良いところを教えてください。
    風味が良く、やわらかい味が、様々な料理に合って使いやすいところです。
大源さんは長い歴史があるので
味の安定感があり、安心して使うことができます。
『味吉兆ぶんぶ庵』料理長:中谷 文一郎 様〈ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 掲載店〉 ホームページ:http://crossline.sakura.ne.jp/bunbuan/

▼ご利用店舗の声を読む▼

  • 大源味噌のお味噌を使おうと思ったきっかけは?
    店の立地が近いという事と、当店も創業40年、大源さんも大阪で長い歴史があるという事で、地産地消という観点から大阪のお店である大源味噌さんのお味噌を選びました。
  • どのお味噌をどんなお料理に使われていますか?
    魚の味噌漬けに白味噌を、鯖の味噌煮込みに白味噌と赤だし味噌をオリジナルで合わせて使っています。
  • 大源のお味噌の良いところを教えてください。
    大源さんは長い歴史があるので味の安定感があり、安心して使うことができます。今後もずっと大源さんのお味噌を使い続けていきたいと思っています。

大源味噌が選ばれる7つの理由

  • 1. 圧倒的な歴史

    大源味噌の起源は江戸時代、文政6年(1823年)にまでさかのぼります。竹島平助という人が、自家製の味噌を天秤棒を担いで売り歩いたことが始まりだと伝えられています。
    明治時代に入り3代目にあたる初代竹島源蔵によって「大源」の基礎が確立されます。初代源蔵は、人を雇い入れる時に必ず「おまえは一升分のめしが食えるか?」と聞いたそうです。というのも、当時の味噌作りは大変な重労働で、それだけに食欲旺盛で丈夫な身体を持った人材が必要だったのです。
    初代源蔵は、素材や製法には一切妥協しない、とても厳しい考えを持っており、それが今も大源の基になっています。

  • 2. 天下の台所で190 余年愛された味

    大阪日本橋で江戸時代からお味噌一筋で商いをしてまいりました。
    味に厳しいとされる大阪の人々を納得させる味を、先代から受け継いでまいりました。
    弊社のお味噌を召し上がっていただきますと、「他のお味噌は、食べられへん!」と評判をいただいております。一般のお客様から高級料亭まで広くご愛用いただいております。

  • 3. みそソムリエ5名が在籍、選りすぐりの味噌をご用意

    お味噌の専門家、料理人の方もアドバイスを求めて、相談にお越しいただきます。
    季節や食材によっても、使用するお味噌を変化させたり、ブレンドの配合を少し変えるだけで、料理に大きな差が出ます。豊富な知識と専門性を兼ね備えたスタッフがご提案させていただきます。

  • 4. ミシュランガイド掲載店が多数使用

    【★★★三ツ星】の日本料理 龍吟様、日本料理 かんだ様をはじめ、玄斎様、直心様、本湖月様 、鮨 原正様、堀江 味吉兆様、味吉兆 ぶんぶ庵様、神戸吉兆様、割烹まつもと様他、名だたる名店と多数、お取引させていただいており、嬉しいお声をいただいております。
    ◎ご利用店舗様のお声
    「大源さんのお味噌は角の無い旨味と熟成があります。赤出汁はお味噌が素直に出ますので、お客様には旨味とコクをこれからもお楽しみ頂きたいと思います。」
    「大源さんは長い歴史があるので味の安定感があり、安心して使うことができます。今後もずっと大源さんのお味噌を使い続けていきたいと思っています。」

  • 5. 豊富な品揃え

    赤だし、白味噌、豆みそ、こうじみそ、田舎みそ、合せみそ、おかず味噌、西京漬けやお味噌を使ったお菓子など幅広く取り揃えております。
    弊社のお味噌は大阪はもちろん、全国各地の味噌蔵ともお付き合いさせていただいており、その土地の気候、風土を生かした商品を取り揃えております。

  • 6. 守り抜かれる伝統と新たな取り組み

    創業文政六年 ( 西暦1823年 ) 創業、大阪日本橋の老舗味噌屋です。先代から受け継いだものを守ってきておりますが、昨今では、個食化や味噌離れが深刻ななか、若い世代にもお味噌の良さを知って頂けるよう、新たな商品開発 など、お味噌の良さを改めて気づいていただこうと日々活動させていただいております。

  • 7. 素材へのこだわり

    弊社では、比較的国産、添加物のない商品をお客様にお届けできるように心がけております。
    近年では、プレミアム醸造味噌と題して、お米は有機の魚沼産コシヒカリ、大豆は有機の魚沼産エンレイ、塩は沖縄の石垣の塩と醸造元も長野県の有形文化財の指定を受けた蔵で仕込み、とことんこだわったお味噌も製造いたしております。

6件中 1-6件表示
6件中 1-6件表示